児童福祉司 一貫田逸子 約束 あらすじ 感想

MENU

約束 虐待の再発のあらすじ

一貫田逸子と保健師の河原町が訪れたのは、2年前に児童虐待のあった君塚家。

 

君塚美里ちゃん当時2歳は、母親とその後夫(うわお)から暴行を受け、児童相談所に保護された。

 

職員による説得により、母親(君塚登与江)は男と別れ、今は一人でパートをしながら美里ちゃんを育てている。

 

虐待から2年経った今、登与江も心を入れ替え、美里ちゃんと上手くやっているように見える。

 

児童福祉司 一貫田逸子 君塚登与江と美里

 

もう心配はいらないと思いつつも、定期的に家庭訪問をする一貫田と河原町。

 

しかし、とある日、君塚家を訪ねると、美里ちゃんの膝にアザが・・・。

 

その日から段々と登与江は余所余所しくなり、家庭訪問のキャンセルが相次ぎ、ついには美里ちゃんと共に姿を消してしまう。

 

このままでは美里ちゃんが危ない!!

約束 虐待の再発の感想

何かこの漫画、義父が児童虐待するっていうパターン多いですね。

 

・・・いや、現実でもそういうのが多いんだろうな。

 

再婚した夫婦のどちらかが、相手の連れ子をいじめるっていうパターンが。

 

確かに夫を、妻を愛しているからといって、その連れ子まで愛せるかは分からない。

 

だから、子供がいる人との再婚って難しいと思う。

 

当人たちの相性だけでなく、連れ子との相性もありますからね。

 

だけど、再婚したら、その連れ子にも愛情を持って接しないといけないと思うんですよ。

 

むしろ、それが出来ないなら、子連れと結婚なんかしちゃいけない。

 

自分たちの幸せのために、まだまだ自分たちよりも全然長く生きていない、将来のある子供を不幸にしてど〜すんのよ?って思う。

 

昔からそういう考えは持っていたものの、このエピソードを読む事で、その気持ちがより強まった気がします。

 

私はまだ独身だけど、結婚する相手に子供がいたら、愛する努力をしよう。だけど、どうしても愛せなさそうなら、結婚を諦めよう。

約束 虐待の再発の収録巻

『約束 虐待の再発』は、児童福祉司 一貫田逸子の1巻に収録されています。

 

児童福祉司 一貫田逸子の1巻を買うなら、下記の方法が一番安上がりですよ。

 

児童福祉司 一貫田逸子の安い入手方法はこちら